ニガくて難しいアクセス解析を、たっぷりのミルクでふわふわの贅沢ラテ的な仕上がりに

Flash(AS3)でAnalyticsを使う「Google Analytics Tracking for Adobe Flash」

via:Google Analytics Tracking for Adobe Flash 関連ドキュメントの日本語訳

まずGoogle Codeからコード(zip)を持ってきて解凍。FlashCS3のケースでいきます。

winの場合は C:\Program Files\Adobe\Adobe Flash CS3\ja\Configuration\Components\Google に解凍した内容の「lib」フォルダにあるswcコンポーネント2個を突っ込みます。

この状態でFlashを立ち上げると、このようになります。
image

コンポーネントをとりあえずステージにドラッグします。AnalyticsLibraryはインスタンスが透明なので別レイヤーにでもしておきます。
注)ステージに置くコンポーネントはどちらかひとつでOK。ふたつ置くとエラーが出ました。なのでインスタンスが見える方(Analytics)をドラッグでステージに置いて、インスタンス名をtrackerとか付けて、パラメータにUA-XXXXX-Xを入れればそれだけで使えました。
image

//ステージ上にはtrackerというインスタンス名をつけたAnalyticsがあるとして

my_btn.addEventListener( MouseEvent.MOUSE_DOWN, onButtonClick ); 
function onButtonClick ( event:MouseEvent ):void 
{
   tracker.trackPageview("/testTracker2"); 
} 

これでFlash単体でAnalyticsできました。マウスイベントじゃなくても、画面に表示されたときに解析したいならフレームにそのまま「tracker.trackPageview("/testTracker3")」などと書いても使えます。
使えるかどうかはデバッグパネルをtrueにして、コードが送信されているかどうかを見ればOKですね。

これでできること

ブログパーツみたいに、色んな場所で表示するコンテンツをAnalytics計測するときは便利ですね!!いままでブログパーツでAnalyticsをインポートしようとJSに書くと、ブログ上のJSとバッティングする可能性すらあったので怖いところでした。

Home > 04.中級メニュー > Flash(AS3)でAnalyticsを使う「Google Analytics Tracking for Adobe Flash」

このページの上へ