ニガくて難しいアクセス解析を、たっぷりのミルクでふわふわの贅沢ラテ的な仕上がりに

Google Analytics API入門編

あとで実践編も書こうと思ったので、とりあえずGoogle Analytics APIでできることをザックリとまとめてみようかな。ちょっとだけ試してみて書きなぐるサンプル。

Google Analytics Developer Docsに、Analytics APIが発表されました(Google code的にはLabs扱い?)。そこで早速、試してみるぜ! と思ったんですが、サンプルアプリで躓いたことがあったのでメモメモ。
具体的には、プロファイルIDってなんじゃそれ初めて聞いた、ということなんですが。

なんぞこれ

Analyticsは、これまで
・Website tracking
・Adobe Flash rich media tracking
・Gadget Tracking
だったのが
・Exporting Analytics data
が追加されたということですね。Mobile Trackingが無いのが惜しいです...

で、このGoogle Analytics Data Export APIを使えば、Google Data API経由でAnalyticsデータを取得できる、という話です。
Data Export APIで、もっとも見られた/要求されたページ統計を表示するためにカスタム設計されたダッシュボードをウェブサイトに埋め込むことができます。
または、あなたは別々のシステムで追跡しているかもしれない他のウェブサイトデータとGoogle Analytics Dataを統合できます。
とのこと。

APIなので基本的にはFeedの形でGAのデータを取得できます。
Javascript、Javaはライブラリがあります。HTTPでXMLを直接返すこともできるので、カスタムもできます。JSだとビジュアル化API(テーブル、パイチャート、棒グラフなど)も使えます。

専門用語

Googleアカウント
Analyticsを使うときに登録したメールアドレス

Web Property Id
UA-XXXXX-Yとか。プロパティIDって言うんですね。Yは同一サイトでもいくつでも追加できるので、フィルタをかけたデータとかけないデータを別プロパティにわけたりします。

Account ID
UA-XXXXX-YのときはXXXXXがアカウントIDになります。ひとつのサイトでひとつ。

Profile
Analyticsアカウントのトラッキングプロファイル。???

Profile ID
トラッキングプロファイルごとのID。
Analytics管理画面の、プロファイルの「編集」をクリック(赤枠)すると、プロファイル画面になるので、プロファイルIDがわかります。これは初めて知った。
google analytics api
google analytics api
カスタムアプリを使うときは、このプロファイルIDでアクセスするので、この番号がかなり重要です。試してないけど、僕のプロファイルを見るには僕が許可したGoogleアカウントでないとダメです。が、カスタムアプリだと誰でも見れちゃうってことなんですかね??

使い方はAnalyticsダッシュボードと同じ

Dimensions:計測軸
およそAnalyticsダッシュボードに出るものはすべてアクセス可能です。ブラウザ、都市、日にち、時間、Flashのバージョン、ホスト名、キーワード、ページタイトル、キャンペーンなどなど、56パターン。

Metrics:測定基準
新規/リピート訪問、PV、コンバージョンなど。

Valid Combinations:有効な組み合わせ
カスタムで計測したいものを取り出すか、Dimention×Metricsで絞込みをかけるか、YES/NOで分けたチャート形式か

Common Calculations:一般的な計算
数を率に変える計算。あんまり気にしなくてよさげ。
直帰数が1000あったとして、それは全体でいうと直帰率が20%なのか、とかそういう話。

Home > 05.上級メニュー > Google Analytics API入門編

このページの上へ