ニガくて難しいアクセス解析を、たっぷりのミルクでふわふわの贅沢ラテ的な仕上がりに

Google Analyticsでオフライン キャンペーンのトラッキング

テレビや印刷物などでオフラインキャンペーンを実施している場合のトラッキング方法があるとのこと。

たとえば、www.googlestore.com で、googlestore.com/coolstuff を参照するオフラインの印刷物キャンペーンを展開するとします。 この例の Coolstuff キャンペーンの目的は、Google のユニークなギフト商品を売り込むことで、 Coolstuff のマーケティング担当者は、コンバージョン率を確認して、オフラインキャンペーンの収益と ROIを検証したいと考えています。 つまり、Coolstuff キャンペーンの [キャンペーンのコンバージョン] レポートと [キャンペーンの ROI] レポートで具体的な値を確認することを目的としています。

実体は

駅貼りのポスターに出てるURLをどれだけの人が見たか、っていうのは実際問題として、計測不可能です。なので、そこに出てるURLにアクセスした人の数を数えます。
ここでは、オフラインで告知したURLもしくはキーワード経由のアクセスに対して、「これはオフライン経由だよ」という引数を追加したURLにリダイレクトする、という方法になります。
実際、マーケティングでは、テレビCMでは「アクセス解析ならryow.net」みたいなキーワードを表示して、検索すると http://example.com/campaign/ が出てくる。とか、ヤフーのバナーをクリックすると http://example.com/campaign2/ が出てくるとか、URLを変えることでどの媒体からのアクセスなのかを特定する、というやり方が常識として存在するんですが、そのときにGoogle Analyticsで「このURL経由の人には特別にオフラインっていうカウント変数を追加するよ」という行為を、今回は「オフラインキャンペーンのトラッキング」と呼んでいるのです。

4パターンの計測方法

1.メタ タグを更新する

ブラウザでオフライン キャンペーンに関連付けられた URL (この例では www.googlestore.com/coolstuff) をリクエストしたときに、ウェブサーバーからユーザーを適切なリンク先ページにリダイレクトする、メタ更新タグを含む HTML ドキュメントを返すよう設定できます。

<meta http-equiv="refresh" content="2; url=/details/coolstuff.html?utm_source=offline&utm_campaign=coolstuff">

HTMLのヘッダにこんな感じにリダイレクトコードを入れます。画面は2秒待ってから指定されたページへリダイレクトされます。
この例だと、「offline / coolstuff」という名前で「参照元」をカウントできます。
utm_source=offline:キャンペーンの参照元。
utm_campaign=coolstuff:キャンペーンの名前。

2.参照を除外する

ブラウザに URL を直接に入力したユーザーのみをキャンペーン トラッキングの対象とする場合に使用します。

<body
onload="redirect('/details/coolstuff.html', 'offline', 'Coolstuff')">

<script>
関数 redirect(destination, source, campaign)

function redirect(destination, source, campaign){
if ( ! top.document.referrer || top.document.referrer == "" ){
if ( source && campaign ){
destination = destination + "?" + "utm_source=" + source + "&" + "utm_campaign=" + campaign;
}
}
window.location.href = destination;
}

</script>
</head>
<body
onload="redirect('/details/coolstuff.html', 'offline', 'Coolstuff')">

3.リンク先 URL でコンテンツが表示されるため、リダイレクトが不要

googlestore.com/coolstore でコンテンツがすべて表示されるため、2 ページ目は必要ないものと仮定します。 この場合、URL に付加されたキャンペーン変数を使って、そのページを再ロードする必要があります。

<html>
<head>
<title>Coolstuff</title>
function addCampaignTagsAndRedirect(source, campaign){
var url = top.location.href;
if (url.indexOf('utm_source') == -1    && url.indexOf('utm_campaign') == -1 ){
top.location.href = url + '?' +
    'utm_source=' + source + '&' +
    'utm_campaign=' + campaign;
}
}

</script>
</head>
<body onload="addCampaignTagsAndRedirect('offline', 'Coolstuff')">

4.ウェブ サーバーのリダイレクト機能を利用する

ウェブ サーバーによっては、提供するドキュメントのエイリアスを作成できる場合があります。

/coolstuff => /details/coolstuff.html?utm_source=print&utm_campaign=Coolstuff

www.googlestore.com/coolstuff へのリクエストを www.googlestore.com/details/coolstuff.html にリダイレクトして、キャンペーントラッキング変数を追加します。 この構文は概念を説明するためのものですので注意してください。

Home > 04.中級メニュー > Google Analyticsでオフライン キャンペーンのトラッキング

このページの上へ