ニガくて難しいアクセス解析を、たっぷりのミルクでふわふわの贅沢ラテ的な仕上がりに

2010年初頭、Analyticsメソッドが地味に更新されてた(重要な部分が廃止/新規追加されてる)

Analyticsのメソッド一覧(GAapi)が更新されてました。

一番の衝撃は、これまでユーザ定義変数として広く使われていたsetVarメソッドが廃止になったこと。これは、かわりにsetCustomVarメソッドになりました。引数の使い方も変わりました。

廃止

  • _initData()
    いままで無意識に挿入してた(GAの初期版では公式でこのタグがセットされてた)
    のに、ついに廃止になりました。
  • _setCookiePersistence(milliseconds)
  • _setCookieTimeout(newDefaultTimeout)
  • _setSessionTimeout(newTimeout)
  • _setVar(newVal)
    おそらく、廃止によって最も影響が出るであろう部分。

新規:非同期版トラッキング用。

  • _getTracker(accountId)
  • _createAsyncTracker(accountId, opt_name)
  • _getAsyncTracker(opt_name)
  • push(commandArray)

基本情報

  • _getAccount()
    UA-12345-1とかのアカウント番号が返る
  • _getVersion()
    2009.01.05時点では4.6.5でした。GA.jsのバージョンか

で、一覧を作ろうかと思ったけど、あんまり使わないから、アクセス解析エンジニアとして使えると思った(気になる)メソッドだけ書き出します。

  • _setCustomVar(index, name, value, opt_scope)
    ユーザ定義変数を設定します。今回から4つの変数を設定でき、
    スロット番号/カテゴリ名/個別名/ページレベル という分類。
    pageTracker._setCustomVar(
          1,
          "Section", 
          "Life & Style",
          3
    ); 
  • _deleteCustomVar(index)
    セットしたユーザ定義変数をクリアします。
    index番号はsetCustomVarの第一引数の番号。
  • _getVisitorCustomVar(index)
    ユーザ定義変数を取得します。index番号は同上。

よく使うもの

  • _link(targetUrl, useHash)
  • _linkByPost(formObject, useHash
    外部サイトにリンクするとき、セッションを(ていうかcookieを)引き継ぐ
    パラメータを作ってくれるもの。リンクのAタグに埋め込む。
  • _setDomainName(newDomainName)
    外部サイトもまとめてカウントするとき用。まあ、"none"ですよね。
  • _trackEvent(category, action, opt_label, opt_value)
    これがない時代は不便でした
  • _trackPageview(opt_pageURL)
    これは基本。
    なんだけど、直帰ページで、ページ内に架空URLを作ってカウントすれば
    PV2になるので直帰じゃなくなるという技が使えます。
    あとはどのボタンが押されたか、とか。架空URLをたくさん発行しておけば、
    その分だけコンバージョンにつながる道筋が明らかになります。
    森に落として歩くパンのかけらみたいなもの。

その他

こまかいことを言うと、通常のトラックは_gatでメソッドを呼んで、非同期は_gaqを使ってクエリをpushしていくという違いがありますね。 非同期版は使いどころをまだまだ探っていかないといけませんが、今年も勉強していきます!

Home > 06.マメ知識 > 2010年初頭、Analyticsメソッドが地味に更新されてた(重要な部分が廃止/新規追加されてる)

このページの上へ