ニガくて難しいアクセス解析を、たっぷりのミルクでふわふわの贅沢ラテ的な仕上がりに

サイト内のGAコードを外部JS化して一括管理すると便利

GAコードは、ふつうサイト内の<head>タグ内にベタッと貼り付けますが、コード自体を外部ファイルとして<script>で取り込むようにすれば、コードが新しくなっても1か所修正するだけで全ページに対応できます。CMSのテンプレートだったら関係ないけど、これは地味に使えるテクなのでは。

<script type="text/javascript" src="ga.include.js"></script>
//JSのファイル名はなんでもいい

JSの中身はGAコードそのまんま。

var _gaq = _gaq || [];
_gaq.push(['_setAccount', 'UA-12345-6']);
_gaq.push(['_trackPageview']);

(function() {
    var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;
    ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
})();

HTML内にコードが直接貼ってあるよりもスマートですね。

Home > 02.導入編 > サイト内のGAコードを外部JS化して一括管理すると便利

このページの上へ